マンション管理会社のランキングで下調べをしよう

男性

マンション管理の委託

マンション

マンション管理の必要性

持ち家には、一戸建てとマンションとに区分されます。かつては、一戸建てへの人気が高かったですが、修繕、補修など維持管理面の問題からマンションに対する需要が急速に高まっています。分譲マンションは、区分所有権をそれぞれが保有するという特殊な所有形態ですので、適切なマンション管理が必要です。マンションには管理組合を置くことになっていますが、管理組合では日常的な設備のメンテナンスへの立合いや会計処理、セキュリティー関係、共用部分の修繕まで手が回りません。そこで、マンション管理に関して専門的なノウハウを持っているマンション管理会社と契約して、マンション管理を委託することになります。マンションも経年劣化していきますので、長期的に良好な状態を保って維持していくためには、マンション管理会社に定期的適切な設備等のメンテナンスが欠かせません。

管理会社に委託する利点

マンション管理にも、その委託の程度により全部委託と一部委託に区分されます。全部委託の場合、マンション管理に関する業務を一括して管理会社に任せる方式です。不動産管理のプロであるマンション管理会社に委託することで、高い質の管理を担保することができます。輪番制の管理組合の場合、人によって意識の差がありますので、管理の質の低下が否めません。全部委託であれば、マンションの管理業務を任せることができますので、管理組合は、意思決定とマンション管理会社の業務のチェックが主たる業務となります。もっともマンション管理会社もすべての業務を自社で行っているわけではなく、専門の業者に下請け発注しています。その分、マージンがかかり、委託料が割高になります。そこで、管理組合で直接下請け業者と契約することで、契約料を節約できる可能性があります。マンションの資産価値を保持するためには、計画的な修繕など長期的な視点で管理しなければなりません。もちろん最終的には管理組合が決定しますが、専門家であるマンション管理会社に管理業務に入ってもらうことが効率的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加